美しい世界「モルディブ」

美しい世界「モルディブ」

水上飛行機を降りたら、そこは地上の楽園でした

モルディブまでの3つの移動手段

2014年8月27日 | Comment


sunset-90952_640

モルディブのリゾートは、多くがそれぞれ小さな島に散らばっていて

水上飛行機などを乗り継いで乗り継いで行くのが基本です。

日本から行くと、だいたいまず首都のマーレに国際線で到着後、

そこからそれぞれの移動方法で島へ向かうパターンになります。

さて、モルディブに行ったらどんなものに乗るのでしょう。

 

「スピードボート」

スピードボートとは船のこと。ドーニ船という呼ばれ方をすることもあります。

ドーニ船というのは本来なんなのかと言うと、

ダイビングをするときにダイビングスポットまで向かう時に乗る船のこと。

最新のスピードボートに比べるとあまり速度が出ず、1/3ぐらいの速度だそう。

さて、スピードボートですが、スピードボートはとても高速で、

ものによっては結構揺れが激しいこともあるようです。

乗り物酔いしやすいという方は、事前に対策しておくのが無難です。

 

「水上飛行機」

水上飛行機とは、海の上に離着陸できる小さな飛行機です。

飛行機で高いところを飛ぶので、景色がとてもキレイ。

モルディブの島々を見ることができるので、結構おすすめ。

いろんな水上飛行機があって、カラーリングもそれぞれ、

赤い水上飛行機や、白い水上飛行機など、いろいろあります。

しかし、大体はリゾート指定のものに乗るので、自分でえらぶことはできません。

 

「国内線」

ハーダール環礁など一部のエリアには空港があるので、

そのあたりに行くときには、普通にマーレから国内線でいけます。